TOEICの受験

TOEICの試験は読み取りと聞き取りが半分半分であり、会話することはありません。したがって、英会話の教材を使って対策を立てるのは点数をアップさせることには直接関係あるとは言えないことになります。

しかし、問題文をよく解析してみると、最初の方の問題は、人と人とのやり取りである会話文がよく出題されています。英会話の教材は直接的には役立たないように見えて、出題傾向から外れているとも言えないため、教材で勉強することは無駄になるとは言えません。

英会話の教材を使って点数アップを目指す場合、TOEICの教材で出題傾向を分析して英会話で出題されそうなところを絞り、その後に、英会話の教材を利用して対策を立てるというのが最も効果的ではないかと考えられます。とはいえ、TOEICの問題は英会話からのみ出題されているのではなく、長文読解や文法問題など幅広く出題されているので、英会話の教材ばかりを利用して高得点を目指すというのは現実的ではありません。

長文問題には長文問題、文法には文法に適したテキストがあるので、それぞれの傾向を過去問などで分析したうえで、不得意と考えられる部分を抽出して塗り絵のように埋めていくのがポイントなのではないかと考えられます。

supplements